車検に必要な書類って?

車検にはどんな書類が必要?書類以外に何か必要なものってあるの? - 車検に必要な書類「納税証明書」

車検に必要な書類「納税証明書」

車検を受けるには、さまざまな書類が必要です。そのなかでも重要度の高い「納税証明書」について、ここではお話していくことにしましょう。
<納税証明書ってそもそもどういうものなの?>
そもそも、納税証明書とはいったい何なのでしょうか?
これは車を持っている人が、それの保持に必要な税金をきちんと国に納めましたよ、という証拠なのです。
毎年5月に、市町村などに納めるもの(軽自動車の場合)であり、これがないと車検を受けることができません。ちなみに必要なものは、「あなたは自動車税を納入しなければいけませんよ」と書かれた「自動車税通知書」ではなく、「あなたは自動車税をきちんと納めましたよ」とする「納税証明書」でなければなりません。
<自動車税はいくらかかるか>
ちなみにこの自動車税というのは、排気量などによって大きく変わります。軽自動車の場合は、3000円〜7200円の間で、トラックの場合は8000円〜40500円の間(それ以上は+6300円)で、一般的な乗用車は29500円〜111000円の範囲です。排気量が多ければ多いほど、納税する額は多くなります。
nhtyrtrs
ちなみに自動車税の場合、理想的な納付期間は5月までです。ただ、7月までは支払いが可能です。また、「うっかり忘れていた」「引越しでばたばたしていて払い損ねてしまった」という場合は、利息はつくものの、後で納めることができます。そのため、「8月に入ってから自動車税を納付しわすれたことに気づいたから、もう車検を受けることができない」ということはありません。
「車検の時期になると、軽自動車でよかったなぁと思う」――――
身近でこんな声を聞いたことはありませんか?
実際、軽自動車は、「車検」ということを考えたとき、非常にオトクなのいです。そこでここでは、軽自動車のメリットについて見ていきましょう。
<自動車税の話>
車検を受けるためには納税証明書が必要です。これは、「車を保持することによってかかる税金をきちんと納めたよ」という証明書で、これがなければ検査を受けることができません。
普通の乗用車が29500円からであるのに対し、軽自動車は、乗用車の場合はわずか7200円です。2015年から軽自動車の税金もあがる、という話も出ていますが、それでも普通の乗用車よりもずっと安い金額です。
<車検費用について>

また、車検にかかる費用も違います。これは「どこの業者に頼むか」「いつ頼むか」などによっても大きく変わってくるのですが、1回の検査で、多い場合は50000円〜80000円程度の差がついてしまうこともあります。そのため、新車じゃない場合は、2回〜3回ほどの検査を受ければ、それだけで、軽自動車を買い換えられる差額になってしまう可能性すらあります。
もちろん、軽自動車にも、「衝撃に弱い」などのデメリットはあります。しかし、近場などで「手軽な足」として使う分には、軽自動車はかなりコストパフォーマンスのよいものである、ということは、覚えておいてもソンはないでしょう。
特に、車の維持費に悩んでいる人は、考慮した方がいいかもしれません。クリック車検は、車検切れの車でも大丈夫です!!車検が切れたらクリック車検へご相談ください。

更新情報

[2015-02-06]
車検に必要な書類「納税証明書」の情報を更新しました。
[2015-02-06]
車検の予約はできるの?の情報を更新しました。
[2015-02-06]
車検切れでも下取りに!の情報を更新しました。
[2015-02-03]
更新担当者の情報を更新しました。
[2015-02-03]
車検はなぜ必要かの情報を更新しました。
ページ上に戻る